コーヒーでリフレッシュ

コーヒーとPC

オフィスコーヒーを設置すると社員の福利厚生上昇につながります。業者を介して導入するのが一般的ですが、種類は様々です。自販機タイプ、一杯抽出タイプ、淹れおきタイプなどが代表的で、コストや手間、味わいなどに差があります。

詳しく見る

お得な副収入獲得方法とは

自動販売機

自販機の設置には、自前で設置スペースを確保する必要があります。その上で、販売システムとして、フルオペレーションシステムかセミオペレーションシステムのどちらかを選択し、最終的に自販機業者との間で契約に合意すれば、自販機を設置することが出来ます。

詳しく見る

無料で始められる副業とは

自販機

無料で自販機を設置する為には、各業者のサービス内容を確認した上で、自販機を無料で貸与し、設置完了までの手続きを無料で行い、商品補充や在庫・売上処理を全て行ってくれる業者を探し出すことが必要です。更に、費用面について、各業者の担当者から直接説明を受けることで、納得した形で契約を結ぶことが出来ます。

詳しく見る

憩いの時間を得る

コーヒー

オフィスコーヒーを導入したいのであれば、コーヒー飲料を販売しているメーカーのコーヒーサーバシステムを活用する事で実現出来ます。毎月配送されるボトルを交換するだけで、手軽にオフィスで美味しいコーヒーを味わえますので、多くの従業員にメリットがあります。

詳しく見る

副業に必要な前準備とは

模型

自販機の設置を副業として始める為には、自販機の設置スペースを保有し、必要な電力を確保出来るかどうかを調査してもらうことが必要です。また、ホームページ上のお問い合わせフォームを利用するか、お問い合わせ窓口へ直接電話することで、自販機の設置の申し込みを行えます。

詳しく見る

利益率の高いサービス

自販機

導入コストは無料

自販機の設置ビジネスは、空きスペースでも運用可能なことから、とても多くの企業が参入しています。特に都心部においては、一台設置するだけで一定の収入を確保可能で、赤字になるケースが少ないことから、収益性の高い事業として認知されています。基本的に自販機の設置ビジネスでは、設置する場所によって収益率が大きく変化することから、設置場所に対するリサーチが必要です。もちろん収益率には自販機の設置費用に関して計算する必要があり、維持管理費に関しても細かく考えることが大切です。通常自販機を設置する場合には、初期費用は必要ありません。というのもリース会社がすべての費用を無料で提供してくれるので、自販機を設置するだけでは一切経費は必要ないのです。ただ実際に運用を開始すると、各種の必要経費が発生します。その中でも最も大きな額になるのが電気代です。自販機は夏や冬になると電気代が大きくなり、特に夏は利用率も高まることから、電気代をきちんと計算しなくてはいけません。通常電気代の平均は3000円程度なので、収益からきちんと差し引いて予算を組むと良いです。ただきちんとした利益率の計算をしておけば、安定的に収益を上げることが可能なので、多くの自販機を設置することができれば大きなビジネスになります。特に小売店やサービス業を行っている場合には、ちょっとした空きスペースを利用すれば、安定収入を得ることができるので設置する価値が高いです。

Copyright© 2017 【導入コストがお手頃】オフィスに自販機を設置しよう All Rights Reserved.