ほうれい線の予防

ほうれい線ができる原因

美容

ほうれい線があるだけで見た目年齢が5歳は老けるとも言われています。 25歳のお肌の曲がり角を過ぎた辺りから、多くの女性がエイジングサインとしてほうれい線の目立ちを感じ始めます。 肌のハリや弾力を維持している、コラーゲンなどの生成量が徐々に落ちてきますから、肌に潤いやハリがなくなりほうれい線が現れ始めます。 エイジングサインに気づいた時からしっかりと美容液などを導入して、エイジングケアを始めましょう。 始める時期が早ければ早いほど、ほうれい線も早く薄くすることができます。 美容液には様々な有効成分が含まれていますから、しっかりと保湿しながら肌のハリをアップさせてくれます。 また、肌の老化を加速させる紫外線をしっかりとブロックして、紫外線対策も怠らないようにしましょう。

美容液の有効成分について

ほうれい線対策にも有効な美容液には、様々な美容成分が濃縮して配合されています。 基本的に高保湿で年齢肌の悩み改善に役立つ成分が入っていますが、ほうれい線に特に効果のある成分というものもあります。 その一つがレチノールです。 肌の奥のコラーゲンを生み出す細胞を活性化してくれるので、肌のハリをアップさせることができます。 また、年齢的に肌のターンオーバーも遅くなってきますから、これを活性化させる成分として、EGFも有効です。 角質層の生まれ変わりをしっかりとサポートしてくれて、肌の乾燥を乾燥を防いで保湿力を高めるのに役立ちます。 これらの有効成分が含まれた美容液を使用して、しっかりと保湿やリフトアップケアを行うことで、ほうれい線が徐々に目立たなくなってきます。