コーヒーでリフレッシュ

コーヒーとPC

選ぶときのポイント

会社の福利厚生を高めるために、オフィスコーヒーを導入している会社は少なくありません。コンビニコーヒーの流行から、いつでもどこでもおいしいコーヒーを飲みたいというニーズは高まっています。特に仕事中は眠気が襲ってきたり、集中力が途切れたりするタイミングでコーヒーを飲みたいと思う人は多いのです。ですがその都度コンビニに買いに行ったり、いちいち淹れたりするのでは手間ですし、時間のロスにもなります。自宅から持ってくるという手もありますが、オフィスコーヒーが設置してあれば持ってくる負担も手間も減るため社員が喜ぶはずです。オフィスコーヒーは業者を介して導入するのが一般的です。オフィスコーヒーといっても、カップ型の自販機タイプ、缶やペットボトルを販売する自販機タイプ、その場で抽出する一杯抽出タイプ、淹れおきタイプなど様々なタイプがあります。それぞれ費用や味、手間などに差があり、社員の趣味志向や人数規模により向き不向きが変わります。手間が少ないのは自販機タイプです。ゴミは発生しますが、ゴミの回収まで業者がやってくれることが多いので社員の手間はほとんどかかりません。カップ型ならその都度抽出するので味も良く、味のバラエティー豊かなのも魅力です。コーヒー自体の味わいにこだわりたいのなら一杯抽出タイプがよいでしょう。その都度抽出するので味わいは格別です。サイズは小さめなことが多いので何台か設置する必要があるかもしれません。淹れおきタイプはまとめて作れるのでコストパフォーマンスに優れています。ですが味わいは少し劣り、ポットを洗う手間などがあるのが難点です。これらの特徴をふまえて選ぶのがポイントです。

Copyright© 2017 【導入コストがお手頃】オフィスに自販機を設置しよう All Rights Reserved.